個人投資家は「持たざる恐怖」とは無縁。


個人投資家の最大の武器は時間。機関投資家やプロの最大の弱点は時間。ここには圧倒的な差がある。

今、マーケットがガンガン上がるトランプラリー。機関投資家はこんなのおかしいと思いながらも乗っからざるを得ない。マーケットが上がっているのに何もしなければライバルに負けるしクビがかかるから。なので上昇相場では上げが上げを呼んでどんどん上がる。

個人投資家は違う。上昇相場に乗らなくても、ただ、儲けられないだけで損はしない。ウォーレンバフェットの投資のルール第1、損をしないこと。第2のルールは、決して第1のルールを忘れないこと。

50%の損をしたら原資回復の為には+100%の利益を上げないといけない。損はいつでも歩が悪く、資産構築から遠ざけるもの。個人はどんなに時間をかけても資産が増えればいいのだから、とにかく損をしないことだけを考えればいい。

なので、僕は外貨積み立てで大きく含み益が膨らめば、次はいかに損しないかを考え少額のドル円ショートを仕込み始める。上がったものは下がるのだから、上がって出た含み益は次の下げに備える為に使う。損失回避の為の必要経費。

個人は持たざる恐怖とは無縁でいられるのだから、無理矢理上昇相場に乗ろうとしなくていいし、反落で儲けようとしなくてもいい。常に損失を回避し、少しずつ資産を増やしていくという退屈なことをしてればいい。

トランプラリーに沸いて日経平均16,000円だ、ドル円116円だというノイズは無視。目の前にはモンテパスキへの公的支援が実行された後の取り付け騒ぎのリスク、FOMCでのちゃぶ台返しドル売りリスクがめいっぱい広がっている。どうしたら損をしないか、を考えてポジション構築していけば確実な資産形成につながります。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク