トランプが本物のプロなら、金融危機を起こす。崩壊は時間の問題。


トランプ新米大統領は選挙戦の戦略から見ても、とんでもない政治のプロ。ものすごいブレーンがついているはず。

もしそうであれば、株価が最高値を更新する中で大統領に就任して以降株価が下がっていくばかりなのを許すはずかない。2008年、オバマ大統領はリーマンショックの金融危機の中で救世主のように就任演説を行い、以降株価は上昇を続けた。株価が最高値更新する中での就任演説はリスク以外の何者でもない。

12月に予定していた方針発表を1月に延期したのはなぜか。戦略があるはず。トランプさんとしては、自分より前の政権の影響によるウミ出し、崩壊の後で自分の政権で建て直す方がどう考えてもイメージが良い。トランプさんの1月就任前に何か仕掛けてくるはず。

既に崩壊が始まっているのは債券バブル。米国債の大暴落に続き世界の債券が記録的な大暴落を続けており、金利が急騰している。11月頭から金利急騰が続いているので3ヶ月後の1月末あたりで短期金利資金確保が詰まる企業が多発するはず。もしかしたら、もっと早く企業倒産連鎖が始まるのを予測して元々は12月で方針発表を予定していたのかもしれない。金融崩壊待ちなのでしょう。

これまで低金利のお陰でなんとか生き延びれていた企業が世界にごまんとあるのだから、金利急騰が資金調達に影響を与えないはずがないのです。

特にひどくなるのが円安も食らっている日本企業。ドル調達コストも高くなってドル買いを抑制されていた中でのこの円安。逃げ場は無かった。

債券バブル崩壊からつながる企業倒産バブル。放っておけば時間の問題です。この金融危機を防ぐのに有効な手だては何かあるのでしょうか。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク