2017年は恐怖のスタグフレーション開始元年になるか。


トランプさんの大統領就任式を20日に控え、ざわざわしてきていますね。

そんな中、OPECが原油価格上昇に躍起になってきています。サウジがOPEC合意を超える減産実施だとか。原油はコモディティの王様であり、原油価格の上昇は様々な資源価格の上昇を意味します。

そして中国がなりふりかわまない資本逃避規制。まずビットコインがターゲットとなり、溢れるチャイナマネーが行き先を探しています。中国国内は不動産も株も行き詰まっておりどこに逃げようか画策しています。まず直接的な外貨交換が縛られ始めているのでなかなか海外不動産や株も買えなくなってきました。ビットコイン取引所が規制されていますが、ビットコイン以外の仮想通貨などあらゆる手段を駆使して人民元から逃避してきます。原油価格の上昇もあるので資源価格に乗っかってくるでしょう。また世界で食料品や資源価格が高騰する時がやって来ます。

アメリカに残された手は再度、緩やかに量的緩和を行うしかないと思います。米国債バブル崩壊で既に実質金利は上がっているのでここからFRBが金利を上げても大した影響は無いですが、無尽蔵に金利が上がっていくと米国債が売れずアメリカの財政は成り立ちません。どこかでまた米ドルを乱発するしかない。

量的緩和マネーである米ドル、ユーロ、日本円はこれからも対資源で価値がどんどん減価していくでしょう。ドル円レートを気にしている場合じゃない。ドル円レートがあまり変わらなくてもドルも円も同時に価値が落ちていくのですから。その為、今年から僕が積み立て投資している南アフリカランドなど資源国通貨の価値が上がってきており、プラチナやシルバーも上げています。いったん下がったとはいえビットコイン価格は未だに9万円台。つい1年ほど前は3万円台だったのですから驚くべき価値の上がり方です。

数年前から言われながら量的緩和で延命されていた、ペーパーマネーの減価がいよいよ近づいているのです。チャイナマネーがまた乗っかり次第、資源価格はどんどん上がっていき賃金は上がらないスタグフレーションになる為生活はどんどん苦しくなる。中国と違い自由に外貨投資できる日本人は今のうちに少しずつ日本円を資源に替えておくべきなのです。


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク