トランプ政権では日本は狙われたかのように地政学リスク山積み。進む日本株離れ。


トランプ後の世界。その世界はどうやら日本をボコボコにするつもりっぽいですね。トランプ大統領就任で一気に噴き出す地政学リスクは軒並み日本を直撃します。

北朝鮮の軍備と、米韓軍備強調。米国と台湾の結び付きの中で語られる沖縄米軍の台湾移管。軍事リスクは軒並み日本近海の話で、誰が何を起こしても日本は巻き込まれる形。

そして世界が注目するのはやはりトランプ大統領が予告していた米大使館のエルサレム移設でしょう。この流れがどうなるのか。中東で有事となれば日本は大打撃。オイルショックが日本を襲います。そうならないように日本は米国からシェールガスの輸入を始めようとしたりいろいろしているわけですが、近々中東リスクが出るならさすがに直撃です。

原油輸入が減れば日本は即貿易黒字ですから円高圧力が襲います。そもそもトランプさんはドル安は許さん、相手国としては日本、メキシコ、中国を名指ししているわけですから対円、対人民元でドルがどんどん上がっていくとは考えづらい。この円高圧力が日本株には冷や水をぶっかけます。

そもそも官製相場、ドル円相場連動で実態がすっかりなくなった日本株に手を出すのは日本の個人投資家ぐらいでしょう。不確実性=リスクであり、日本株は不確実性が高まりすぎています。

マーケットは上げ下げのボラティリティエネルギーは豊富にある状態が続くでしょうから、FX外貨トレーダーとしてはこの値動きからチマチマコツコツと利益を抜いていくべきですね。その面ではオイシイ、ボラティリティマーケットです。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク