2008年リーマンショックの年の値動きを思い出す。当時の空気にそっくり。


 FXを2008年当時から続けている人はいないでしょうか?だいぶいなくなってしまったでしょうか。

 僕がFXを始めたのは2006年。FX元年とでもいうべき年であり、FXでみんな儲けてマネー誌などで大きく取り上げられていた頃です。当時はレバレッジ規制もなかったので、僕もガンガンレバレッジ100倍とかでデイトレードしてました。そしてレバレッジ100倍のポジションを持ったまんま2008年9月、リーマンショックに遭遇してとても大きな損失を出しました。そこから復帰するのに3年ぐらいかかりましたね。

 その2008年当時。その頃は週があけると毎週の様に窓をあけて週が始まってました。とてもボラティリティが高かったのです。そして今。約9年ぶりに当時のマーケットの空気を思い出します。株価は高値を更新し続け、大きく下がってはまた戻し。適当に買って売ってれば値動きが大きいので儲かるマーケット。

 今回の引き金は何になるのでしょう。トランプ砲が世間を賑わせる裏で、ヨーロッパの金融界が荒れています。静かだったギリシャ、イタリアの銀行が揺れています。トランプさんが米国選挙で買った昨年11月。米国債金利が高騰し、ジャンク債の金利も一斉に高騰しました。もともと借金漬けで低金利にあぐらをかいて資金繰りをなんとかやってた企業はそろそろ資金繰りに行き詰る頃です。

 さて、今夜もニューヨークダウは下げて始まり、ドル円はまた112円台です。何かが起きるのでしょうか。基本戦略はレバレッジをかけない少額でのランダムウォーク戦略です。この値動きでコツコツ稼いでいきます。どんなに大きな値動きの嵐が来ても大丈夫な様に資金管理をとにかく徹底しなければなりません。それが最優先です。



コメント

非公開コメント

No title

こういう経験からの判断は正しいですよねえ

No title

匿名さん
今回、肌感覚が合ってれば、昔に大損こいた経験も良い経験だったと胸を張って語れるのですが。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク