日柄としてはそろそろ底値の探りどころ。セリングクライマックスを見極めるタイミング。

 ドル円は108円に近づき、そろそろ良い頃合いです。日経平均株価は昨日18,500円が意外と守りが固く、金曜日の日経平均SQ値を守れるかどうかというあたり。18,500円が決壊するとずるっともう1段ずるっと落ちて18,000円レベルへいきますが、SQ値守り切れれば日経平均株価も1ケ月続く下落局面も底値を探る時期です。

 昨夜はトランプ大統領の「ドルは強すぎる」という発言が伝わり、109円割れトライの展開となりました。下落ターゲットの108円台まではいきそうです。それ以上の円高は、本当に北朝鮮攻撃するようならあり得るところですがテクニカルトレンドではそこまでの下落は見えないので頭の片隅にはおきつつ可能性の上では本流ではありません。

 週末は欧米は連休、15日に北朝鮮イベント、そのタイミングに向けて米国「無敵艦隊」が朝鮮半島接近、ということで地政学リスクは最高潮に高まった状態で迎える週末であり、普通の行動としてはポジションを持ち越さないのが常識的な行動と考えられる週末です。この週末を超えればフランス投票までは特段イベントもないところなので地政学疲れと安心感とあいまって来週は強くなって良いところです。

 週末に向けてどれぐらい世界が構えているかというと日経平均オプションの価格を見ると異様にプット価格のプレミアムが盛り上がっています。保険の位置づけですから、価格下落に備えるのはオプションの本来の使い方。この保険料としてのプット価格が上がっています。現在日経平均先物が18,500円。それに対し上下500円幅の5月限オプション価格を見ると、19,000円コールが175、18,000円プットが290。倍近いぐらいのオプションプレミアムの開きがついています。マーケットは暴落に備えています。大量に株を保有する資産家なら下落に備える必要がありますが我々庶民個人投資家はポジションを持たなければいい話です。ノーポジションで週末平和的な解決が図られて、来週平和な上昇を期待してて良いところ。

 ファンダメンタルを言いますと、この北朝鮮事態の緊迫。難易度の低いオバマケア法案すら通せなかったトランプ政権の人気取りの為に起きていることです。ビジネスマンのトランプは本当にドンパチはもちろんやりたくはない。今回の緊迫で米国軍事産業に歩み寄ったことで米国内での味方も増えるでしょうし、一気に米国内法案を進め、4月末にも予想されている米国債務上限引き上げに成功するかもしれません。

 まずしっかりとセリングクライマックスのコツンと底をうつタイミングを見極める。そこからゆっくりと買いに転じるタイミングを探っていきます。週明けはチャンスがあるかもしれません。もちろん、15日に本当にドンパチあるようならドル円は105円突っ込みますし株価も崩壊します。その時は投資どころではないので、そうならないことを期待するのみです。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク