仮想通貨の税金で、ビットコイン→アルトコインへの転換なら税金かからないとかいうトンデモ理論が流行しているので納税で破産者が出る前に指摘しておきます。

 僕は今年すべての仮想通貨資産を利益確定し手放しました。来年きっちり税金を納めてこれで仮想通貨とはサヨナラです。

 しかしネット界隈を見ていると、今年確定申告もしたことないような税金と今まで関係持ったことない人が仮想通貨で巨額の利益を得てしまい納税の知識がまったくないままに適当な対応をとろうとしている姿が見られ、過去FXで主婦の脱税者がたくさん出たのとまったく同じ構図が繰り広げられようとしているのであまりに心が痛く指摘しておきます。中央銀行や中央集権に嫌気が差してビットコインという無政府資産に手を出した人が多いのにその人たちが数年後国家権力の国税局に破産させられるのはなんとも滑稽な姿です。

 ネット上の税金の議論を見ているとあまりに知識が無さすぎて、その中にはビットコイン→アルトコインへ移した取引では税金がかからない、とかいうトンデモ理論まで流布されています。さらにはこれを信じる人まで出てきています。

 まず納税の原則として、税務会計の発生主義の原則に基づき利益が確定された段階で利益と見なし、年度内に発生したものは翌年確定申告するのです。とにかく自分でこれを正しく把握し正しく自己申告するものです。この行為に対して罰則があるので自分で正しくできてなければ延滞税、重加算税のペナルティが発生します。知らなかった、こう思っていた、で済まされるものではありません。なにか屁理屈をこね回して税金を安く済まそうと思うのなら、ちゃんと代金を支払って税理士を味方につけておいてください。世の中には税理士資格というものがあるので、税理士資格もない個人があーだこーだ主義主張を述べても基本は一切認められません。裁判に持ち込まないといけなくなりますが相手は国家権力であり大変不利な状況におかれることは認識しておいて下さい。

 次に、これは国税局OBの本が多数出版されているので読めばわかりますが国税局局員にとって徴税はノルマのようです。(参考図書:元国税調査官は見た) なので、延滞税や重加算税がかかって徴税した方が徴税額が多くとれる、という気持ちが働くようです。見づらい道路交通標識の物陰に隠れている白バイ警官に似ていますね。なので、現在の仮想通貨の納税に関するトンデモ理論については「ヨシ、これは数年後重加算税いっぱいとれるな、メモメモ」と数年熟成させておくことでしょう。ノルマがかかると人間は必死で勉強します。FXの時もそうですが、国税局がもう既に仮想通貨に対して相当な研究をしていることは想像に難くありません。数年後にビットコインやイーサリアム、NEMの価格推移表を持った国税調査官二人組があなたの元に来ることでしょう。

 ちなみに確定申告時の税理士相談はとても親切に教えてくれるので確定申告の際にはとにかく相談して申告しましょう。

 細かくトンデモ理論を切っておきます。

 まずよく見られる一番危険な、ビットコイン→アルトコインへの交換なら税金がかからない、日本円に変えるまで税金はかからない、という論理です。この論理、正しく思えるケースもありますが、まずいケースにおいては最も税金破産者を生むケースになりうるので一番指摘しておきたいです。まず、原則として利益は確定した時点で利益とみなされます。そして、物々交換は日本円への換金をすっ飛ばしているだけと見なされることです。

 ヤバイA君のケースを書いておきます。
 仮想通貨に夢を託したニートA君の物語。注:このケースは完全なるフィクションです。



 2016年、ニートのA君はネットで情報を見つけ、ビットコインを300万円払って1BTC5万円で60BTCを手に入れました。ホリエモンも仮想通貨の将来性について語ってるし間違いないと夢を見ました。


 2017年、1BTCが20万円に値上がりし、保有資産60BTCは1200万円分になりました。その時まだ割安だったイーサリアムに交換。1ETH1万円で、1200ETHに交換しました。


 その後、イーサリアムが1ETH10万円に上昇。保有1200ETHの価値は1億2000万円の価値となり、A君はツイッター上で「億り人」と呼ばれるようになり、フォロワーも100倍の人数に増え、NHKからの取材も受けてクローズアップ現代にもニートから個人投資家への奇跡の転身として紹介されました。さらにテレビ東京からの取材も受けて憧れのワールドビジネスサテライトにも出演。憧れの大江さんから「時代の変化ですね。Aさんの将来も心配になりますが、そんな私の感覚は古いのでしょうか。」とコメントを頂き、テレビの前でビール飲みながら「大江さん、ありがとう。でも大丈夫だよ。おれ、億り人だから。」と満足げに語ります。A君は仮想通貨を売るに売れなくなりましたがイーサリアムのICOバブルに懸念を抱き、いったん仮想通貨界の基軸通貨であるビットコインに戻しておこうと考えました。その時1BTC30万円の価値になっていたので400BTCに交換しました。そのまままだまだ将来性に期待し「これで来年は億り人どころか、兆り人だな・・・」と夢を見て、含み益のままなので日本円で1円も手にいれることなく、でも資産は1億2千万あるので就職もせずニートのまま、含み益のまま年を越しました。

 さて、翌年A君に何が起こったか?長くなったので次回に続きます。



コメント

非公開コメント

お話の途中ですが

儲けた奴からはしっかり税金取るのに、
大損しても自己責任で終了、なんてなんか理不尽

突然のコメント失礼します。
仮想通貨入門のような本やブログをたくさん読んだのですが、確定申告にむけてどのように帳簿を付ければよいか書いてあるものが見つからず困っています。
ビットコインとアルトコイン間の交換も含め、どのように記録を残していけば間違いないかぜひ次回解説して頂けるとありがたいです。

No title

noriCoさん
残念ながらそれが原則ですね。
譲渡所得は他との損益通算もできませんしね。
仮想通貨の場合、盗まれたなら主張によっては雑損控除が使えるかもしれませんが。

No title

確定申告時の帳簿の付け方はこういう得体の知れないものの譲渡所得は相手がわかるかどうかだけなので帳簿の付け方の指南もしようがないのは当然かなと思います。
とにかく取引履歴をぜんぶ記録しとくしかないです。僕はそうしてます。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク